スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロで美しい空港管制ゲーム


(https://boardgamegeek.com/image/2659713/clear-takeoff)

空港管制ゲームです。
Clear for Takeoff | Board Game | BoardGameGeek

まだあまり内容が明らかになってないんですが、レトロなアートワークがすばらしいのでとりあえず画像を紹介します。

pic2659787_lg.jpg
(https://boardgamegeek.com/image/2659787/clear-takeoff)

pic2659788_lg.jpg
(https://boardgamegeek.com/image/2659788/clear-takeoff)

81514_o.jpg

88588_o.jpg

94019_o.jpg
Clear for takeoff - facebook

24485_o.jpg


天候カードのほかに乗客を乗せたり、機を滑走路へ移動させたり、エンジンをかけたりといったカードがあり、マップボード上のA→B→C→D、あるいはA→C→Dといった順で滑走路へ機を移動、離陸させるようです。
小型機はカード1枚、中型機は2枚、大型機は3枚といったようにそれぞれ必要なカードが異なり、使ったぶんのカードは補充します。
今のところは手軽なファミリーゲームっぽい印象ですが、ちょっと所有欲をそそられるアートワークですね。

プレイ人数:2-6
プレイ時間:30-90分

発売は2016年。
9月23日にKickStarterで公開されるようです。
再来週ですね。
ちなみに作者の父親はロシアのパイロットだったそうです。

追記


ボックスアートが公開されました。
pic2674095_lg.jpg

facebookの情報では、KickStarterは1〜3日のうちに公開予定らしいです(9/25)。

【関連】
Discover Projects » Games — Kickstarter
関連記事
スポンサーサイト

RISKにもスター・ウォーズの(以下略

pic2666172.jpg

スター・ウォーズエディション
Risk: Star Wars Edition | Board Game | BoardGameGeek

pic2666027_lg.jpg

ボードがタイ・ファイター型(!)。
今回はおもに建設中のデススターをめぐる攻防、つまりエピソードVI(ジェダイの帰還)をテーマにして、エンドア、デススター、スターデストロイヤーそれぞれでの戦い(ミッション)が平行して進むようです。
プレイ人数:2 − 4

スタンダードエディションとブラックシリーズエディション(Black Series Edition)があって、
Xウィング×20
Yウィング×16
Bウィング×15
タイ・ファイター×56
といったミニチュアのほかに、後者はデススター、エグゼクター(スターデストロイヤー)、ミレニアム・ファルコンのミニチュア(おそらくBlack Seriesのミニチュア)が付属。

ミニチュアの拡大画像はアメリカのAmazonで確認できます。
Amazon.com: Risk: Star Wars Edition Game: Toys & Games
Amazon価格$24.99 ということで、けっこう手軽な価格ですね。

日本ではRISKは「ガチで殴りあう戦争系ゲーム」なイメージなのか、子供向けにもあまり受け入れられている感じではないですが(大人は大人で「ミニチュアたくさん使う子供っぽいゲーム」と敬遠してたり)、スター・ウォーズのミニチュアがごっそり付属するRISKって、中高生に受けるんじゃないでしょうか。

過去作


Riskは過去にもスター・ウォーズ化されています。

オリジナルトリロジーエディション
pic234167_lg.jpg
pic234165_lg.jpg

Risk: Star Wars Original Trilogy Edition | Board Game | BoardGameGeek
BGG評価:6.94/10
発売年:2006
プレイ人数:2 − 5

クローンウォーズエディション
pic224128_lg.jpg
pic230629_lg.jpg

Risk: Star Wars – The Clone Wars Edition | Board Game | BoardGameGeek
BGG評価:6.09/10
発売年:2005
プレイ人数:2 − 4

というわけで、Risk的にはスター・ウォーズ化は当然の流れという感じです。

ブラックエディション


サンディエゴコミックコンでの画像がBGGにありました。
pic2678946_lg.jpg
(https://boardgamegeek.com/image/2678946/risk-star-wars-edition)

あれ、デススターがぶっ倒れてますが…。
ボックスは全面ほぼモノクロの、渋い仕様となっています。

【関連】
スターウォーズ・カルカソンヌ、10月発売
なんでもスター・ウォーズ化する2015年
スター・ウォーズ化の波、メモワール44にも
関連記事

輪っかをつかめ!

今回の「奇妙なボックスアート」は、60年代のポップなボックスアートが気になったこれ。

pic308828_lgs.jpg

輪っかをつかめ!(1968年、ミルトンブラッドレー)
Grab a Loop | Board Game | BoardGameGeek

すっげえ楽しそうですが、なにをやっているんだろう。

ゲームのなかみ。
pic308831_mds.jpg

(https://boardgamegeek.com/image/308831/grab-loop)

ベルト、ループ(輪っか)をくっつけるアダプタ、ループ6色、ゴールパッド、それぞれ6人分。

最初は片足をゴールパッドに置いて立ち、ゲームスタートで手番プレイヤーが色を宣言、ほかのプレイヤーのその色のループを集める(プレイヤーはそれぞれ6色のループを身につけている)。とった色は自分のパッドに置く。
プレイ人数3〜6人、プレイ時間20分。

LOOPPOP1.png
(https://www.youtube.com/watch?v=KpVWRiusOPg)

酔っ払ってやったら楽しそうですが、たぶんそういうゲームではありません(酔って動き回ったら、いろいろ大変なことになる)。

動画もありました。当時のCMですね。

MILTON BRADLEY GRAB A LOOP & POP YOUR TOP - YouTube

LOOPPOP2.png
(https://www.youtube.com/watch?v=KpVWRiusOPg)

こんな感じでループを装備!

難点は男ばっかり6人集まってプレイすると、ラグビーみたいになるってことでしょうか。
あと、どう考えてもソロプレイできません

ちなみにアメリカAmazonで売ってました(もちろん中古ですが)。
カスタマーレビューが1つついてて、5つ星つけてるそのレビュー、
Great...

だけなのが、なんとも味わい深いです。
関連記事

街コロにデラックスエディション


pic2486977.jpg

(https://boardgamegeek.com/boardgame/175239/machi-koro-deluxe-edition)

英語版の話ですが。
街コロ+拡張2つという内容のようです。

日本のAmazonは在庫切れ(拡張は在庫あり)ですが、過去にも街コロはAmazonでときどき在庫切れになってるのでこの件とは関係なさそう。
(グランディングのサイトでは購入可能)

特典としてカードゲーム「ダイヤモンスターズ」のキャラクターが入ったカードDIAMINE*が6枚つくようですが、この「ダイヤモンスターズ」も日本では絶版状態です。
*ダイヤモンド鉱山(Diamond Mine)をもじったものかと思われます。

というわけで、これがそのまま日本で出る可能性は低そうですね。

【参考】
Machi Koro: Deluxe Edition | Board Game | BoardGameGeek

街コロ | SHOP - グランディング株式会社

ダイヤモンスターズ | SHOP - グランディング株式会社

Amazon.co.jp | 街コロ | おもちゃ 通販
関連記事

スター・ウォーズ化の波、メモワール44にも

シリーズ新作の公開に向けて、既存のボードゲームがどんどんスター・ウォーズ化されていってます。

バトルシップ



Battleship | Image | BoardGameGeek
おまえもか!

タイムラインシリーズ


pic2661009.png
Timeline: Star Wars | Board Game | BoardGameGeek
おまえもか!

メモワール44シリーズ


pic2658895_lg.jpg
Memoir '44 | Image | BoardGameGeek
おまえも…じゃなかった。
私製スター・ウォーズ版メモワール44でした。
でもこれならちょっとほしい気もします。

BGG(BoardGameGeek)も右を向けばアルマダ(Armada)、左を向けばインペリアル・アサルト(Imperial Assault )、下を向けばカードゲームという感じです。

もう『スモールワールド:スター・ウォーズ』なんかが出ても驚かないです、たぶん。

【関連】
スターウォーズ・カルカソンヌ、10月発売
なんでもスター・ウォーズ化する2015年
関連記事

「指輪物語 モルドールへの旅」日本語版

ホビージャパンも文字がありますね。


(https://boardgamegeek.com/image/2650571/der-herr-der-ringe-die-reise-nach-mordor)

BGGに画像上がってました。
デザイナーは「大聖堂」「キューバ」「王宮のささやき」「フォルトゥナ」「豚小屋」のミヒャエル・リーネック。
協力型ダイスゲームのようです。

プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:20分

【参考】
Der Herr der Ringe : Die Reise nach Mordor | Kosmos Verlag

追記



通販各社が予約受け付けはじめてました。
発売予定日は2015年10月31日だそうです。
関連記事

イケアにはボードゲームを収納するのにぴったりな棚がある

ボードゲームって箱がでかいです。

pic2349844_lg.jpg
(https://boardgamegeek.com/image/2349844/tartanllama)

でかいでかいということで
海外ボードゲームの箱がでかい - デイリーポータルZ:@nifty
こういうふうにネタになったり。

箱が大きいのは各社それぞれ規格をある程度統一して、コストダウンを図っているからとか、売り場で目立つためとか、いろいろ理由があると思います。

が、それにしてもかさばる。
10個ぐらいなら本棚の片すみに入れておいてもいいのですが、100個を超すと専用の棚のほうが分類する上でも便利になってきます。ダイストレーや各種トレーなどの小物も収納しなきゃならないし。
コレクターならきちんと分類したくなりますよね。

BGG(BoardGameGeek)でもよく話題になるようです。
I need some good wooden shelves for my games. Any recommendations out there? | BoardGameGeek | BoardGameGeek
(ボードゲームのためにいい木製の棚がほしいんだけど、いい案ある?)

いくつかのスレッドを覗いてみたら、イケアの棚が強くオススメされていました。
それが次の2つです。

・Ivar(イーヴァル)シリーズ
・Expeditシリーズ

後者はその形状と頑丈さからアナログ盤コレクターの絶大な支持を受けていたようですが、2014年にディスコン(廃番)。
アナログ盤コレクターたちが悲鳴と非難の声をあげたのですが、微妙にコストダウンを図ったものがExpeditシリーズの代替として現れました。
Here's Why Ikea Is Discontinuing Everyone's Favorite Shelf
それが
・KALLAX(カラックス)シリーズ
です。
アナログ盤コレクターが愛用しているということは、強度的にも充分なのではないでしょうか。

Ivarシリーズ


IVAR.png
IVAR システム - コンビネーション & パーツ - IKEA

こちらのシリーズの特徴はこんな感じ。
・棚板やシェルフ、チェスト、キャビネットを自由に拡張可能
・パイン無垢材
・奥行き50cmのものがあるので、大型のものが入る

ちなみにうちにある大型ゲームを調べたら
HeroScape(約52cm)
Space Hulk(約42cm)
War of the Ring 2nd edition(約40cm)
ということで、こちらならしっかり(?)入りそうです。

欠点としては「支柱と棚板」という構成のため、支柱と接する部分に置いたものが見えにくくなる(若干取り出しにくくなる)ことがあるかと思います。

KALLAXシリーズ


KALLAX.png
KALLAX/カラックス シリーズ - IKEA

こちらのシリーズの特徴はこんな感じ。
・扉や引き出しを追加して拡張可能
・奥行きは39cmで統一
・縦横は33cm×33cmの正方形
・高さ2段までのものであればキャスターをつけることが可能

Ivarにくらべると奥行きが最大39cmまでと短いのですが、たいていのゲームは入ると思われるのであまり問題ではないでしょう。
「大型ゲームしか持ってない!」というコレクター以外はこちらでたぶんOK。

あとIvarシリーズと違って側板がついているので比較的ほこりが積もりにくいというところもコレクター的にはポイント高いのでは。

【KALLAX使用例】
VO8ss.jpg

(http://www.core77.com/posts/26469/ikea-to-discontinue-the-expedit-26469)

「いろいろな用途で使う」という意味ではIvarのほうが拡張性がありますが、コレクターにはやはりKALLAXでしょうか。
つぎに引っ越すときにはKALLAXを検討してみようと思います。

【参考】
イケア・ジャパン 株式会社 - IKEA
イケアストア店舗リスト - IKEA

代表的な箱のサイズなどはこちらにいくつか載っていて参考になります。
どうでもいい は なし ボードゲームの収納問題
関連記事
プロフィール

MUMMY

Author:MUMMY
ドイツ系ボドゲや古いウォーシムを集めています。
Twitterもやってます。
Twitter id:BGandMUMMY

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。